Translate

2018年4月29日日曜日

集中とは!? 敗けて気づいたこと

4月29日(日)小学生テニス大会
県登録選手は保持ポイント10P以下、選手登録していないスポクラやスポ少レベルの子も出られるいわゆる初心者向けの草大会。


試合前の全体球出し練習でも「優勝候補だね」とか「このレベルではダントツだな」とか何人にも言われたけど…
第三シードで1RはBYE、2Rは6-1で快勝、SFで県登録の選手。
実は先日この子に練習マッチで6-3で勝っていたので「事実上の決勝戦かな~」などと余裕で見ていました…
が、2-0からまさかのダブルフォルト連発と、攻めすぎアウトの連発ミス、メンタル崩れてどつぼにはまって3-6で敗け。
相手の子はその後優勝でした><;

父「ストロークもサーブもオマエの方が上手いのに、でも勝てなかった。何故か?」
子「攻めすぎてミスが多かった。大事なところでダブルフォルトしたし」
父「”オマエよりもオレの方が上手いのに”って気持ちが強すぎるんだよ」
子「?」
父「”テニスが上手い”っていうのと”試合が上手い”ってのは別なのが良く分かったよ」
子「・・・」
父「そして何より相手の子は”集中”していたね」
子「オレだって集中したよ」
父「いや、頭の中は雑念だらけだったんじゃない?」
子「?」
父「相手の子は技術の上手い下手ではなくてどんな形でもいいから”ただしっかり返す”ってのにだけに集中してたんだよ。オマエは少しは色んな球種やコースを狙って打てるもんだからいろんな手を考えすぎてる感じだった。だから目の前のボールだけに集中できなくなっていたと思う」
子「・・・そういわれれば、この球はパッシングで一歩も動かせないで絶対決めてやるっ!とか思ってたかもしれない」
父「だろ。こないだコーチに言われた”集中しろ”ってのはそういうことじゃないんだな。オマエらレベルの試合だと、相手を打ちのめすとかじゃないんだよ。自分のコートに飛んできたのボールを確実に相手のコートに返すことなんだよ」
子「そっか。それが”集中”なのか。わかった。これをきっかけに次は集中して頑張る」

その後の練習マッチを2戦してどちらも快勝。
閉会式で頑張ったで賞だかなんかもらってました。
金メダルを首から掛けてくるかと思って普段より少し良いワインを冷やしてたのにな~
夜は缶のストロングゼロとか焼酎で少しやけ酒(苦笑)
こんな小さな山でテッペンに立てないなんてまだまだです。
頑張るしかありません。


2018/4/29現在
大会出場計:13回
現在の通算成績:8勝12敗  (コンソレ戦含12勝17敗)

0 件のコメント:

コメントを投稿