Translate

2018年9月22日土曜日

上級カテゴリー初挑戦は、少し成功、少し失敗…

先月「中級クラス」で優勝した息子君。
今回は高校生トップ選手も出てくる月例トーナメント「上級クラス」に初挑戦!
18歳以下の県ジュニア選手ランキングで現在息子君が保持しているポイントは約5600ポイントで小学生~高3までひっくるめた全体で200位のポジションです。

前回の中級クラスを優勝して付与されたのは約2000ポイント。
今回の上級はたった1回勝つだけで8倍の約16,000ものポイントが付与されます。
もし勝てれば一気にランクポジションのアップが期待できます(上に行けば行くほどシードなどで有利になるからぜひ上げたいところ)
ただ、好きなTVは”ドラえもん”な小学生が、経験豊富な上級中高生相手にハンデなしで挑戦するわけだから1つ勝つのもかなり厳しいのが現実です(苦笑)

1R
時間になりコートに入っていく2人。
相手選手は中2らしいです(情報によると)
サーブも入るしストロークも繋いでくるいわゆるシコラー選手。
うちの息子もシコラー系だからラリーが続きすぎて吐きそうになるほどドキドキするわ~。
0-1 『40-40から取られた~』
0-2 『2ゲーム連取されたかぁ。やっぱ上級はキツいのか~』
1-2 『40-40から取ったぞ!』
2-2 『追いついた!』
2-3 『頑張れ~』
3-3 『40-40から取って追いついた!』
3-4 『あらら。またリードされた~』
4-4 『40-40から取った。勝負所でよく喰らいついた』
5-4 『よしっ! ついに逆転!』
5-5 『あちゃー、40-40のマッチポイントから取られた~。もつれすぎでしょ』
6-5 『40-40ノーアド。またマッチポイントだけど落とせばタイブレーク…ラリーからチャンスボールで前に出てアングルボレーでウィニングショットッ!!』
7-5で勝ち。良かった~!!!
やりきった表情で応援席に戻ってきましたよ~。
「オメ。それにしても白髪増えるわっ」
「なんとか勝てて良かった~(ホッ)」
「ホントそれ。でも途中で競ってからショットがチキってたね」
「勝てるかも!?って考えたら大きいポイントがちらついてガチ緊張した...」
「確かにな。でも相手だって”小学生に負けちゃうのオレ?”って思ってたはずだからそこを考えて強気で行くべきだったんじゃないの?」
「そっか。そうだよね」
ただ大量のポイント獲得できたのは良かった!

2R
格上選手だけど過去に一度勝っている相手。
これはラッキー…ここで勝てば32,000ポイントが入って大幅にランクアップすることができます。
が…
試合中、ずっとお腹に手を当てて苦しそうな顔。
まったくいいところナシで1-6で惨敗。
「どうした??」
「試合中、ずっと腹が痛くて…糖質摂れとかいって無理やりチョコなんか食べさせるからだ!」
「いつものことじゃん? 朝うんちしなかったからじゃない??」
「…」
「1Rもそうだったけどアシが動いてなかったね」
「動かしたよ」
「いつものように動いてなかった。アップしろっていったのにお友達選手とフラフラとどっか遊びにいっちゃってるし、ここには遊びに来てるん?」
「勝つためです」
「それって選手としてどうなのよ?」
「…負けるといつも怒ってばかりだ」
「怒ってるんじゃない。叱ってるの・・・怒ると叱るは違うんだよ? わかる??」
「わかんない」
まだまだです。


コーチもわざわざ見に来てくれて…
アドバイスしてくれてました。
親からのアドバイスと違ってこちらは素直に聞くようです。
一歩一歩課題を克服して上を目指してほしいです(^_-)☆


☆2018/9/22現在の公式大会出場記録☆
・出場回数計:24回
・通算成績:36勝22敗
・主な戦績:優勝:1回 / 準優勝:1回 / 3位:4回 (ダブルス含)

0 件のコメント:

コメントを投稿