Translate

2017年9月21日木曜日

名残惜しいのはキミがココで頑張った証拠☆スポクラテニス教室を卒業

「あのさ、もうこれからココに来ることはないんだ…ね」
駐車場でぼそっと呟いた息子。
約2年間超、雨の日も雪の日も暑い日も毎週休まずよく通ったな~。
名残惜しいのはキミがココで頑張った証拠です(^_-)☆
名残惜しいのはキミがココで頑張った証拠☆スポクラテニス教室を卒業


そういえば始めたころ、こんな↓スポンジボールから始めたんでしたね。


自分の目から見て1つ言えるのはスポクラのテニス教室…「とっかかり」としてはとても良かったナと思います。
一番下の級から始めて一番上の級まで登ったこの5年生の春から試合に参戦し始めてたけど、スポクラのレッスンと練習のみではジュニア激戦区・U12の試合で勝っていくことは厳しい、とも感じました。
そこで同い年の女の子で東北大会レベルのお子さんを持つ方に相談したらその子が通っている本格的なジュニアクラブに誘っていただたのでした。
それが7月後半で8月から正式加入。
スポクラで基本がすべて出来ていたせいか、クラブの下部組織のスポ少からのスタートではなくいきなりアカデミーに入れてもらえることになって本人も嬉しかったようです。
そこはほぼ毎日のように練習があってかなり走らされるし、小・中学生で”勝ちたい子”ばかり来ているのでかなり揉まれます。
でもそのおかげでたった2か月で飛躍的に体力もついたし上達したと感じます。


「しょうじき、ルネは辞めたくなかったな~」
「同じ級の子でもココだと圧倒的に勝てるからじゃない?」
「・・・ぅん」
「でもクラブに行ったら(県優勝の子とかうようよいるので)まだ最下層だもんな。その気持ちはわかるよ」
「・・・はぁぁ」
「居心地がよすぎると感じたらそこから立ち去って次に挑戦する気持ちの強さはこれから競技テニスを続ける上では大事だよ」
「・・・うん、わかった」

いままで担当していただいたコーチ4人に挨拶。
「おまえはまだまだ上手くなるから期待してる」
と言われちょっと涙目の息子でした。
2年間、ありがとうございました。


翌々日の9月23日(土)は県テニス協会の秋季大会に出場です。
発表されたドローを見ると小学校5・6年生のシングルスは男子だけでも50名弱の激戦区。
予選を勝ち上がるだけでも3戦勝利しなければならずかなり険しい感じの山ですが、
まずは目の前の1戦、1勝という感じで頑張ってほしいです。
食事を挟んで気を新たに夜のクラブの練習へ向かいました。



∴‥∵‥∴‥‥∵‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥‥∵‥∴‥∵‥


じゃらんじゃらんのLIFESTYLEブログ、
最近、ジュニアテニスの話題ばかり多くて申し訳ないですm(__)m
9月~10月は大事な試合も多いのでもう少し続きます(^^ゞ

0 件のコメント:

コメントを投稿